銀座カラー川越駅前店

服用している薬があるかどうか

ムダ毛というのは、シェーバーで剃ったり、毛抜きで抜いたりという自己処理の場合、すぐにまた毛が生えてきて、その都度処理が必要となるので大変です。 そんな大変さから解放されたいと思った際に有効なのが、エステやサロンでの、施術後にムダ毛が殆ど生えてこなくなる効果がある脱毛です。

施術後にまた数本程度ムダ毛が生えてくる可能性はありますが、しておくと今後の手入れがとても楽になります。 そんな脱毛をする際に、聞かれる事の一つに「服用している薬があるかどうか」という事があります。 服用している薬の内容によっては、施術が受けられないという事があります。

施術が受けれない薬の服用

施術が受けれないと判断されるのは「抗不安剤」「抗生物質」「三環系抗うつ薬」等です。 これらを服用していると、肌が敏感になり熱に過剰反応してしまう可能性があります。 エステやサロンでの脱毛というのは、ムダ毛を処理したい部分にメラニン色素に吸収される特性があるレーザーや光を照射し、それにより毛根を発熱させる事で、毛が抜け、殆ど生えてこなくなる事を促していきます。

ですから熱に過敏になった状態の肌にそうしたレーザーや光を照射するのは危険とされています。 エステやサロンでは脱毛行為はできても、何かあった際に医療行為を行う事はできません。 そうした事もあり、脱毛の際は、なるべく危険を減らしておく必要があり、薬の服用についての質問がされるのです。

何かあっては困るので、脱毛を受けに行く時はサプリメント等の服用であってもしっかりと報告しておくのがお勧めです。

↑ PAGE TOP